FC2ブログ

ワールドカップ語録

ワールドカップの名言・語録・格言9件


「気にすることはない。私はワールドカップでPKを外したことがある」
ジーコ


「ワールドカップで勝つ強いチームを見てみな。みんな死ぬ気で戦っている。なぜか。国を背負っているからだよ。自分より重いものを背負うから、自分の力以上のものを出せるんだ」
ラモス瑠偉


「W杯出場は目標ではないけど、W杯に行くのは 子どものころからの夢」
香川真司


「今僕にモチベーションを与え、前向きな気持ちにさせてくれているのは、暗いトンネルを抜けたところにある、ワールドカップという光なんだ」
デビッド・ベッカム(サッカー)


「誰でもワールドカップに出たいと思うのは当然。だけど、出場できることで満足しているようでは、お遊戯している子供と一緒だと思う。そこで何かやらなくちゃ意味がない」
松井大輔


「利益を稼ぐのは、ワールドカップを戦う最低条件です。基礎体力がなければ、グローバルでの競争に耐えられません」
程近智(アクセンチュア社長)


「ワールドカップは、日本を世界にアピールするチャンスであり、文字を読めない人でも映像で見ることができるのですから、日本人のメンタリティーまで知ってもらえるチャンスです。もっと事前に僕らが、これをうまく利用しない手はないでしょう」
川淵三郎(チェアマン)


「多くの人が準備を支えてくれた。毎試合、キックオフの笛に感謝の気持ちを込めたい」
西村雄一(国際主審)
注釈:2014年ワールドカップ(ブラジル大会)に向けてのコメント


「たくさんの皆さんが、こんな俺の落選を悲しんでくれて、話題にしてくれたこと周りから聞きました。J2から始まったプロサッカー人生、あれから12年経ち今年で34歳になるサッカー選手がここまで期待されたこと。サッカー選手としてこれほど嬉しいことはありません。改めて、その期待に感謝するのと同時に、その期待に応えられなかったことが本当に悔しいです」
中村憲剛(サッカー)
注釈:2014年のブラジルワールドカップの日本代表23名から落選して。自身のブログでこのように語った

月末語録

月末の名言・語録・格言6件


「月末には、その月のお金の使い方について振り返ることが大切。使いすぎたと感じたら、翌月にその反省を生かすべき」
藤川太(ファイナンシャルプランナー)


「月単位で考える欠点は、どうしても月末に帳尻を合わせる結果になりがちなことです。月の前半は油断して時間をムダに過ごし、後半で慌てます。1週間単位で考えれば、油断は激減するでしょう」
水口和彦(コンサルタント)


「好運は毎月やってくる。だが、これを迎える準備ができていなければ、ほとんど見過ごしてしまう。今月こそ好運を見逃すな」D・カーネギー(実業家・作家)


「戦いは最後の五分間にある」
ナポレオン(フランス皇帝)


「日常的に考えていることが人生を創る。金持ちは日常的に豊かさ、新しいチャンス、楽しいイベントのことを考える。お金に縁のない人は、月末の支払い、嫌な上司、リストラ話など貧困につながるようなことを考える」
本田健(作家・実業家)


「月単位だと期間が長すぎて、月初に気が抜けてしまいます。すると、月末になって焦り出す。焦るとお客様にそれが伝わり、ますます結果が出ない、という悪循環に陥りがちです。週単位なら、それが防げます」
吉野真由美(セールスコンサルタント)

貧乏語録

貧乏の名言・語録・格言26件


「貧乏は、犯罪ではない」
モンゴルのことわざ


「貧乏暇なし」
日本のことわざ


「貧乏な家に生まれたからとか、いま貧乏で学校にいけないからといって悲観することはない。貧乏するとはじめて人間の本当の喜びや悲しみがわかると思う」
本田宗一郎(ホンダ創業者)


「貧乏はハシカと同じだ。どうせかかるなら早いほうがいい。貧乏な家に生まれたことを喜べ」
本多静六(貧乏人から億万長者になった人物)


「とにかく貧乏な時期があったら、倹約をして何がなんでも突き切ってしまえ」
本多静六(貧乏人から億万長者になった人物)


「(扶養家族)9人を抱えていた私は、これではいつまでたっても貧乏から抜けられない、貧乏を征服するには、まず貧乏をこちらから進んでやっつけなければならぬと考えた。貧乏に強いられてやむを得ず生活を詰めるのではなく、自発的に積極的に勤倹貯蓄を努めて、逆に貧乏を圧倒するのでなければならぬと考えた」
本多静六(貧乏人から億万長者になった人物)


「お金があるとどうしても『次がある』『他に手段がある』と思う。けれど、貧乏だといま勝負するしかない。自分の未来は『いま』にかかっている」
齋藤孝(明治大学教授)


「貧乏がたいして苦しいものではないと悟ったとき、人間は初めて自分の富を楽しむことができる」
セネカ(古代ローマの政治家)


「少ししか持っていない人が貧乏なのではない。たくさん欲しがる人が貧乏なのだ」
セネカ(古代ローマの政治家)


「貧窮の時に友たるは、友の最も大なるものなり」
プルタルコス(古代ギリシャの哲学者)


「貧乏が戸口からこっそり家の中に忍びこんでくると、偽りの友情はあわてて窓から逃げ出す」
ミュラー(19世紀ドイツの詩人)


「貧乏人けっこう。誰もお前のその貧乏を盗もうとはしないのだから」
シェイクスピア(英国の劇作家)


「貧乏は呼べばいつでも来る」
ゴールドスミス(英国の詩人)


「幸福な貧乏人もいれば、不幸な金持ちもいる。結局は自分が置かれた状態の中で、幸せは作りだすことができる」
フジ子・ヘミング(ピアニスト)


「貧乏がものすごくつらいと、だから受け入れることができないと感じた人は、そこからハングリーになる。ところが、『貧乏はしょうがない』と受け入れたら、ハングリーにならない」
大平喜信(雪国まいたけ創業者)


「貧乏から何とか抜け出したいという気持ちが、一番やる気を起こさせた」
西田東作(経営者)


「貧乏人が言えば、真実でも信じてもらえないが、金持ちの悪党が言えば、嘘でも信じてもらえる」
フリードリヒ・リュッケルト(ドイツの詩人


「金持ちの病気と貧乏人の酒は、遠くにいても聞こえてくる」
ヘルダー(ドイツの哲学者)


「『金持ち』とはお金がたくさんあることではなく、もうこれ以上お金は必要ないと思っている人のことである。『貧乏人』とはお金がないということではなく、お金があってもまだ足りないと思っている人のことである」
久保博正(自己啓発系作家)


「私は大金を持った貧乏人のように暮らしたい」 ピカソ(画家)


「貧乏人の写真が新聞に載るのは、何か悪いことをしたときに限られる」
マクシム・ゴーリキー(ロシアの作家)


「目先のことにとらわれることなく、この先どうしていくか、という視点で意識や行動を変えることができれば、貧乏脳から脱出できる」
加谷珪一(コンサルタント)


「僕は貧乏を経験するのはいいことだと思っています。お金がないからこそ、お金を遣わないように創意工夫が出来るわけですから」
甲田英司(経営コンサルタント)


「金持ちか貧乏かは、顔を見ればわかる。顔には心理が表れる。ネガティブなことばかり言っていれば嫌な顔になる。次第に誰も寄りつかなくなり、お金も集まらない」
内藤誼人(心理学者、コンサルタント)


「金持ちと貧乏の差は、能力やセンス、努力の量など簡単には埋めがたいものではなく、気持ちの持ち方ひとつ。誰にでも変わるチャンスはある」
内藤誼人(心理学者、コンサルタント)


「貧乏暇なしっていう言葉がありますが、これは本当は、暇がないから貧乏っていうことなんです。不安を打ち消すために暇なく働くことによって、考える時間を失ってしまっているんです。経営者のやるべきことは、作業ではなく適切な判断。そのためには、考える時間が必要なんです」
板倉雄一郎(起業家)

新聞語録

新聞の名言・語録・格言16件


「もし新聞がなかったら、フランス革命は起こらなかっただろう」
ユーゴー(フランスの作家・政治家)


「政府を批判しない新聞は存在する意味がない」
キャサリン・グラハム(ワシントン・ポスト会長)


「三つの敵意ある新聞は千の銃剣よりも怖ろしい」
ナポレオン(フランス皇帝)


「私は百万の拳銃よりも、三枚の新聞紙をもっと恐れる」 ナポレオン(フランス皇帝)


「新聞・雑誌は嘘の巣窟だ。そして読者の大半は、その嘘にまるめこまれる可能性がある」
ロマン・ロラン(フランスの小説家)


「新聞の中で、唯一信頼できる事実が書かれているのは、広告である」
マーク・トウェイン(米国の小説家)


「新聞なしの政府と政府なしの新聞、いずれかを選択しろと問われれば、私は少しも躊躇せずに後者を望むだろう」
ジェファーソン(第3代米国大統領)


「政治家にとって新聞に対して不平を言うのは、海に文句を言っている船長のようなものだ」
エノック・パウエル(英国の政治家)


「新聞はとにかく全体をざっと見渡せることが大きい。自分に関心のない情報も、目に飛び込んできます」
小宮一慶(経営コンサルタント)


「新聞の社説を批判的に読むのも、複雑なものごとを理解して覚えるという記憶力の向上に効きます。毎日テーマが異なるので知識が増えますし、批判するためには更なる知識を使います。これを日々の習慣にすれば、判断力や決断力など別の能力も磨かれます」
澤口俊之(生物学者、社会評論家)


「日常の発見や疑問が仕事につながる。毎朝、新聞に目を通す。すると、そこにたくさんの疑問や発見がある。次から次へと疑問や仮説がわいてくる。そこから取材が始まり記事や著作につながっていく」
田原総一朗(ジャーナリスト)


「日経新聞はいわば、多種多様なビジネスモデルの実例集です。経営者たちはビジネスのパターンを頭に入れ、商売の種を常に模索しています」
板橋悟(コンサルタント)


「日経新聞の記事は300万部以上の読者に読まれる。つまり市場に影響を与える材料としては新鮮味がない。日経が書いてから売買に動いても遅い」
豊島逸夫(経済評論家)


「みんな誤解しているのは、インターネットや新聞から得る情報が、本物の情報だと思っているでしょう。でもあんなのは、書いた人間の視点で加工された二番煎じの情報にすぎないし、新鮮度だって失われています。大切なのは、街の中から自分の目で見つけたオリジナルの情報を集めることです」
西村晃(経済評論家)


「新聞も、コメンテーターや学者の意見も自分の意見こそが絶対的に正しいといわんばかりですが、どれも一つの意見にしかすぎず、どの意見が正しいかなんてわからない」
橋下徹(政治家、弁護士)


「新聞は世界中で一番便利なものだ。読むことはできないが、他のことになら何にでも使える」
スタインベック(米国の小説家)

中小企業語録

中小企業の名言・語録・格言13件


「中小企業こそ、テクノロジーの導入でイノベーションを起こせる」
佐々木大輔(会計アプリ「freee」創業者)


「我々中小企業が生き残るためには、狭い範囲でもいいので、自社でしかできない強みを持つしかない」
富永太郎(福岡倉庫社長)


「中小企業にとって最も大切なことは、私は品質へのこだわりだと確信しています。私どものように食品を扱う企業にとっては、製品の味が全てだと思います」
山口貞一郎(長崎カステラ10代当主)


「中小企業でも大企業に負けない情熱と結束力で勝負すればいい」
野村和史(南武社長)


「中小企業は資本・人材・経営者の力量などが限られている。だから大企業の隙間を探し、その小さい力を一点に集中投下し、錐(きり)でもむように市場に食い込まなければならない」
鬼塚喜八郎(アシックス創業者)


「固い板に穴をあけようとするとき、大きな鉄の棒でやってもなかなかあかないが、錐(きり)でなら簡単に穴があく。小さいけれども必ず穴があく。この錐で揉(も)む戦略、即ち、『一点集中・しぼり込み作戦』こそが、われわれ中小企業の戦略である」
鬼塚喜八郎(アシックス創業者)


「いつまでも中小企業のセンスを持っていないといけない。大企業の効率と中小企業の精神的つながりがうまくミックスしたら、それは最高の経営になる」
堀場雅夫(堀場製作所創業者)


「大企業では、自分がやったことの成果はなかなか見えません。でも、ここでは自分が努力すると鋳物が綺麗になっていくことが実感できる。中小企業のいいところは、そこなんです」
能作克治(能作社長)


「中小企業が大企業と伍して生き残るためには、与えられた仕事を受け身でこなすのではなく、逆に提案やコンサルティングなど攻めの営業戦略が不可欠です」
己之上潤二(富士電子工業社長)


「ブラック企業と呼ばれたくない、だからと言ってホワイト企業になろうとすると、たいていの中小企業は経営が逼迫してしまいます。なぜなら、コストがかかるからです」
長尾雅昭(社労士)


「私は、多くの中小企業の経営相談に乗り、長年にわたって経営アドバイスをして来た経験から、はっきりと言えることがあります。『中小企業がホワイト企業を目指したら、間違いなく社長のクビを絞めることになります』」
長尾雅昭(社労士)


「ホワイト企業を目指したら、中小企業は首が締まります。何も改善しなければブラック企業と呼ばれます。社員の待遇を改善しながら会社をしっかり守る、グレー企業こそが中小企業の生きる道です」
長尾雅昭(社労士)


「金もない、人もいないなら初めはものまねでいい。(中小企業が)大企業をまねるのは恥ずかしいことではない。だが、ものまねはいつまでも通用しない」
大塚正士(大塚製薬2代目社長)
検索フォーム
プロフィール

FC2USER805661PFS

Author:FC2USER805661PFS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR