ビッグデータ語録

ビッグデータについての名言格言語録全11件



「いま、巨大な怪物によって、世界がとてつもなく大きく変わろうとしている。現れた怪物の名前を『ビッグデータ』という。以前とケタ違いの巨大で複雑なデータが世界に氾濫してきて、情報のあり方を、すっかり変えてしまったのだ」
田原総一朗(ジャーナリスト)


「ビッグデータ時代には、これまでのマーケティングなんて、もう古い。ビッグデータさえうまく使えば、企業は従来望めなかったような戦略的な経営判断を駆使して、ビジネスで大勝利を収めることができる」
田原総一朗(ジャーナリスト)


「政治にも勝つことができる。オバマ大統領が2012年に再選を果たしたのは、ビッグデータを有効に使ったからだ」
田原総一朗(ジャーナリスト)


「ビッグデータはこれまで人類が手にしたことがない大量のデータある」
月尾嘉男(東京大学名誉教授)


「この先ビッグデータがどんどん蓄積されていくと、非常に少数の人びとが全人類の情報を握る社会が出現するかもしれないという恐れがあります」
月尾嘉男(東京大学名誉教授)


「eコマース企業などはビッグデータの活用に本腰を入れている。ライバル企業がどのようにデータを生かしているか、いかに他社よりデータを活用できるか。この探り合いが企業の勝敗を左右する時代になった。今後はデータを活用しない企業は生き残れない」
樋口知之(統計学者)


「少ないデータでは見いだせないこともビッグデータならば分析可能だ。耳から体温を常時計測できるようになった結果、体温がストレスで変動することがわかってきた。相関関係はもともとあったのだろうが、体温計を常時くわえていることはできないので、データが少なかった」
ケネス・クキエ(世界経済フォーラムデータドリブン発展評議会委員)


「(ビッグデータは)事件捜査にも役立つ。犯罪には特定のパターンがある。データが多くなるほど正確に分析できる」
ケネス・クキエ(世界経済フォーラムデータドリブン発展評議会委員)


「我々が手掛ける電子商店街でもビッグデータの活用を進めている。以前は検索中心だったが、今ではコンピュータの並列処理技術を使い、大量のデータを瞬時に収集分析し、顧客への商品提案に活用している」
三木谷浩史(楽天創業者)


「ビッグデータの分析は、混沌としたデータに対して『コリレーション(相関関係)』を導く技術を施し、そこから経済的な価値を生み出すことだといえる。まさにデータサイエンスだ」
遠藤信博(NEC社長)


「ビッグデータを活用していくにはコンピュータの能力も高めていかねばならない。販売予測も従来は傾向分析だったが、今後は天候や周辺のイベント情報、ソーシャルメディアなど様々な要因を取り込み、かなりの精度で予測できる」
山本正己(富士通社長)


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1aHDj6W
人物別名言格言 http://bit.ly/1j4tg4M
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

FC2USER805661PFS

Author:FC2USER805661PFS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR