「黒馬物語」語録

『黒馬物語』の名言・語録・格言3件



「ああ、自分はこのまま死んでも、おしくない。大切なご主人の役に立ったのだから」


「何?ただの無知からだって?それ、そのただの無知ってやつから、大きな罪が生まれるんだぜ」


「どんな強い馬だって、残酷な人間にあったら、ただ我慢する以外には、もうどうにもしようがないものなのよ」



■『黒馬物語』(くろうまものがたり)は1877年に出版されたイギリスの女流作家アンナ・シュウエルの生涯唯一の小説で、同時に代表作にもなった

■主人公である馬のブラック・ビューティーによる一人称形式の物語である。イギリスの牧場で生まれ育った気楽な仔馬時代に始まり、ロンドンでの辛い馬車馬生活を経て、田舎の牧場で静かな老後を送っている主人公の自叙伝的な小説である



家族・家系図・子供・子孫・略歴・経歴(プロフィール)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

FC2USER805661PFS

Author:FC2USER805661PFS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR