避難語録

避難についての名言・語録・格言5件



「避難した人で流された人はいない。引き返した人がやられた」
東日本大震災被災者


「避難所が寒いならそこら辺の薪を燃やせばいい」
曽野綾子(小説家)


「津波がきたら、みんなが逃げなくても逃げろ」
東日本大震災被災者


「津波がきたら、上に行け。上へ。死にものぐるいで上に行け!」
東日本大震災被災者


「復興支援の現場では「明らかに不合理」としか感じられない場面に何度も遭遇しました。ある避難所では、500人の被災者に対し、300枚の毛布しか届かなかった。そのとき行政は平等主義を理由に「配らない」と判断しました。目の前で凍えている人がいるにもかかわらずです。前例に縛られ、状況に合った妥当な判断ができない。日本の組織が抱える問題を象徴しています。原理原則に従って結論を出すことが身に付いていれば、このような不合理は起きません。行政の原則は市民を幸せにすることですから」
西條剛央(心理学者、哲学者)



曽野綾子(その・あやこ)略歴・経歴(プロフィール)
日本の作家。1931年(昭和6年)生まれ。東京出身。聖心女子大学文学部英文科卒業。同人誌『ラマンチャ』『新思潮』を経て、23歳で文豪デビュー。主な作品「遠来の客たち」「砂糖菓子が壊れるとき」「天上の青」「海の見える芝生で」など
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

FC2USER805661PFS

Author:FC2USER805661PFS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR