バブル語録

バブルについての名言・語録9件



「バブル時に、物ごとをよく見せるのは簡単である。そのため、怪しげなものまでトップにのぼる」
ピーター・ドラッカー(社会学者)


「バブルがいつ崩壊するか予測するのは誰にもできない。ただ、過去のバブルは例外なくはじけている」
ガルブレイス(カナダ出身の米国経済学者)


「バブル経済の教訓のひとつは、ビジネスマンたちの「読書と教養の不足」である。実学の限界を知り、その限界を乗り越えるためには、古典的教養が欠かせないのだ」
井尻千男(評論家)


「バブル当時から、純粋な若者は拝金主義的な生き方に動揺し、漂流していると訴えてきましたが、当時はわかってもらえませんでした」
色川大吉(歴史家)


「バブルは長く続きません。バブルにならないようにする努力が求められます。人間は判断の誤りがあるということを知ることが重要です」
竹中平蔵(経済学者経、済財政政策担当大臣)


「バブルのころ、日本のビジネスマンは醜いぐらいに傲慢だったでしょう。何やったって日本の勝ち、欧米に学ぶものは何もないと」
小宮山宏(工学者、東京大学総長)


「バブル経済がはじけると、景気の落ち込みで製品が売れなくなりました。しかも、価格も下落しました。そんなときに救いの手を差し伸べてくれたのが、バブルのときに誠心誠意対応した得意先でした」
天谷雅俊(住金物産社長)


「バブル崩壊によって資産家から大貧民に叩き落とされる目に遭った私は、あらゆる経済誌、経済本を手当たり次第に買ってきて読み漁ったのです。そしてその本の中で、バブルの崩壊を警告していた数々の本に出会って愕然とします。この時、『価値の根源は情報である』『ある出来事がある日突然に起きることはありえない。誰かがどこかで必ず書いている』この言葉は、私がバブル崩壊で1000億円という勉強代を払って得たものでした」
川又三智彦(ツカサグループ社長)


「経済情報の収集と整理を始めたのは、バブル崩壊で事業に失敗した際に、それ以前に書かれた新聞記事や書籍などを読み返してみたら、その前兆となる出来事がきちんと書かれていたことに気づいたからです。『時代の先を読む』なんて特別なことと思われるかもしれませんが、世の中に流れている情報で十分可能なことなんです」
川又三智彦(ツカサグループ社長)




家族・家系図・子孫・略歴・経歴(プロフィール)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

FC2USER805661PFS

Author:FC2USER805661PFS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR