引退語録

引退についての名言・語録17件



「懸命に働いている者は、決して歳をとるということはない。私は、自分の葬式の日をもって、人生からの引退の日とする」
エジソン(発明王)


「過ぎたことを振り返るようになったら引退したほうがいい」
森英恵(服飾デザイナー)


「引退は命が終わるまで」
三田佳子(女優)


「諦めない。この熱い炎のような情熱が身体のどこを押しても湧いてこなくなったらその時こそレースから身を引く」
吉村秀雄(ヨシムラジャパン創業者)


「三塁ベースはぼくの恋人です。それが守れなくなったら、潔く引退します」
長嶋茂雄(ミスタープロ野球)


「変える必要もないし、変えられない、あるいは変えるのが億劫だということになったら、そのときは僕が引退するときだ。変えられる間はまだ頑張れる」
羽生善治(棋士7冠王)


「数字のことを喜んで話すのは引退してからだ」
ケン・グリフィ・ジュニアプ(メジャーリーガー・打者)


「なぜ引退しないのですかと聞かれたら、私はこう答える。『錆びつくより、擦り切れる方がましだ』。じっとしていて錆びつくより、身を粉にしている方が好きなんだ」
カーネル・サンダース(ケンタッキー・フライド・チキン創業者)


「生涯この初心を忘れずにすごせば、引退の舞も上達一途のうちに舞うことができ、最後まで能には退歩ということがないはずだ。だから、能の行き止まりを見せることなく生涯を終えることを我が観世座流の奥義とし、子々孫々家訓として守るべき秘伝とする」
世阿弥(室町時代初期の猿楽師)


「周囲からは引退しろと散々言われました。でも、僕は子供のころから何かで負けたまま引き下がるのが大嫌いなんです。それに、人から言われて決めたのでは自分の人生ではなくなってしまうじゃないですか」
山本博(アーチェリー)


「ずっと世界一を目標に空手を続けてきたので、それを達成したときの感動はこの先二度と味わうことはないだろうと思えるものでした。選手としてやるべきことはやりきったという気持ちから、大会の翌年に引退を決めました」
宇佐美里香(女性空手家)


「アテネ五輪以降、五輪に出場できず、『野村、最近、見なくなったな』『絶頂期に引退すればよかったのに』『晩節を汚す』」などという声もあるかもしれません。でも、それは周りの意見や評価であり、大事なのは、『やりたい』『続けたいと思えるか』という自分の本心です」
野村忠宏(柔道五輪金メダリスト)


「役者に引退はありません。なぜ引退がないかというと、その年なりの役があるからです。だからみんな長生きしようと思うけれど、大体、引退しようと思っている手前で亡くなってしまうんです」
仲代達矢(俳優)


「もし僕が、すべての店を回って何も気づかなかったら、これはもう、即引退。辞めた方がいいです。それではこれ以上事業も伸びないし、経営も伸びない。そういうことです」
浅野秀則(ピザーラ創業者)


「たとえ今は若くても、経営者たるもの、やはりいつか引退することを念頭に置いて生きなければいけません。まして創業者は、退くと影響が大きい」
梅原勝彦(エーワン精密創業者)


「アメリカ人は引退したあと投資家になって資産運用をしている人が多い。フランス人やイタリア人は、若いころから「早く年金生活に入って、田舎で農家でもやりたいよ」といっていて。実際に引退したら田舎でのんびり暮らしています。これは民族性の違いというほかないでしょう」
二村俊一郎(テック・グローバル社長)


「引退する時期は、本来なら自分で決めた方がいいのです。多くの人は会社から通告される『定年を迎える日』によって、引退を機械的に迫られます。これがよくないのです。最近、定年退職を控えた人のカウンセリングが流行っているといいます。『定年=引退』と決めている人ほど、その後の人生を上手くマネジメントできず、精神的に不安定になってしまうそうです。そうならないためにも、組織を離れる時期は自分で決める、定年で離れるにしても、その後のプランをしっかり描いておくことです」
倉重英樹(シグマクシス創業者)




森英恵(もり・はなえ)略歴・経歴(プロフィール)
日本の女性ファッションデザイナーである。地域経済総合研究所評議員。森英恵ファッション文化財団理事長。1926年1月8日生まれ。島根県鹿足郡六日市町(現・吉賀町)出身。東京女子大学卒業
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

FC2USER805661PFS

Author:FC2USER805661PFS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR