デフレ語録

デフレ語録9件


「デフレだから価格を下げれば売れるだろうというのは誤りで、大切なのはデフレであろうとなかろうと、価格に対する価値の比率が大きい商品を提供することなのです」
大西洋(伊勢丹社長)


「デフレが続いたこれまでは『安い店』が話題の中心でしたが、これからはお客さんに『値段以上の喜びを提供できる店』こそ支持されていくでしょう」
大久保一彦(フードコンサルタント)


「何事にも永遠はなく、インフレの後には必ずデフレがやってくる」
加谷珪一(コンサルタント)


「デフレとインフレの時代では、商売のやり方は明らかに違います。日本は20年間デフレで来たので、みんなそういう発想が身についてしまっている。でも、ずっとデフレであるはずがなく、いつかインフレが来ます。すると180度やり方が変わる」
松井道夫(松井証券社長)


「デフレの今はとにかく安いものがいいという考えでビジネスモデルをつくっているところがたくさんあるし、それはそれで儲かっていても、インフレに切り替わったとき、それらは一瞬にしてつぶれます。時代が変わるというのは、天地がひっくり返ることですが、同時に会社もひっくり返るのは、できれば御免こうむりたい。だから、インフレ時代にいったいどうなるのかを考えて、いまのうちから準備しておくのが商売ですよね」
松井道夫(松井証券社長)


「インフレの時代はモノが足りないわけですから、モノをつくれば売れました。仮に売れなくても、安くすれば売れました。ところがデフレの時代を迎えた今日は、良いものでなければ売れない。安くしても売れません。独創的でなければリスクの塊です。人真似ほどリスクの高いものはありません」
林原健(株式会社林原の社長)


「物事にはいろいろな見方がある。デフレを『深刻な病』と考えれば、古い経済学のなかに対策を探すことになるが、デフレを『繁栄の証(あかし)』と考えると、もっと多くのことが見えてくる」
日下公人(評論家)


「インフレは戦争の産物、デフレは平和の産物」
長谷川慶太郎(国際エコノミスト)


「人類がデフレを経験したのは、今回が二度目である。正確にいえば、ヨーロッパで大国間の戦争がなかった1873年から1896年までの24年間に、世界初のデフレが起こっている。こうした平和な時期に、イギリスで産業革命が起こり、それが世界全体に広がり、工業生産および農業生産が飛躍的に拡大したからである」
長谷川慶太郎(国際エコノミスト)


関連サイト
トップページhttp://meigennokuni.blog.fc2.com/
人物別名言http://meigennooukoku.net/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

FC2USER805661PFS

Author:FC2USER805661PFS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR