野菜についての語録

野菜についての語録7件



「本当に安全な野菜を使うとなると、並大抵の努力では良い商品を安定して提供することはできません。ある瞬間だけ、一部だけ有機の野菜を使うなら誰でもできるんです。ところが、年間を通じて安全な野菜を提供するとなると、それこそ沖縄から北海道まで、安心してお願いできる農家と契約を結ばなければなりません」
横川竟(すかいらーく創業者の一人)


「たとえば、規格外で商品にならないといわれる野菜を買い取って、宿の料理に用いたり、『もったいない野菜』というネーミングで販売するルートをつくる、といった活動をしています。最初は、そんな野菜を買い取ってもらえることに驚いていた農家のおばあちゃんたちも、適正な値段で売れるとわかると、俄然イキイキしてくれるんです。最近は、横文字野菜の栽培にも積極的に挑戦してくれるようになりました」
山根多恵(吉田屋女将)


「自分の力で根を伸ばして、自分の力で水を吸って、自分のハッパで光合成をして、自分の力で害虫と戦う。そういう農作物の方が強いし、美味しい。野菜がそうであるならば、人間も同じではないかと」
大﨑洋(吉本興業社長)


「モットーは、『野菜を多く使うこと』『食材本来の旨味を生かすこと』『四季を感じる料理を作ること』」
五十嵐美幸(中華料理人)


「食材は『まるごと』のほうが多くの栄養素を効率的に得られます。たとえばお米なら、白米よりも玄米のほうが糖を代謝するビタミンが多く含まれています。ハムやウインナーよりも普通の肉、市販の野菜ジュースよりも野菜そのものを食べるほうがいいということも覚えておいてください」
安中千絵(管理栄養士)


「いま野菜の価格がものすごく高いですね。不順な天候の中、苦労して作ったものですからこれくらいの価値は当たり前だと農業に携わる方は言いますが、あまりに高価なレタスは見向きもされず売れ残ってしまいます。余ったレタスはもう捨てるしかないわけです。そう考えますと、お客様が判断する商品の価値は、商品を作った側の苦労とは関係がないんです。それが商人の世界です」
伊藤雅俊(イトーヨーカ堂創業者)


「丁寧につくられた野菜の力ってすごいんですよ。私自身、ベジタリアンとなってから、より健康になりましたし、アレルギーを持つお子様がオーガニック野菜中心の生活に変えて症状が治まった。なんて事例も珍しくありません。でも、残念なことに、子供だけでなく、野菜嫌いの大人も多いですよね。だから、野菜スイーツを通して、もっともっと野菜の魅力を伝えたいんです」
柿沢安耶(パティシエ、洋菓子店経営者)


関連サイト
トップページhttp://bit.ly/1aHDj6W
人物別名言格言http://bit.ly/1j4tg4M
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

FC2USER805661PFS

Author:FC2USER805661PFS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR