読書語録

読書についての語録31件



「読書に目的を持つな」
成毛眞(実業家)


「自分の価値は読書量で決まる」
成毛眞(実業家)


「インドの全財宝をあげても、読書の楽しみには換え難い」
エドワード・ギボン(歴史家)


「私が人生を知ったのは、人と接したからではなく、本と接したからである」
アナトール・フランス(詩人・小説家)


「読書の目的は、要するに自分の原点を発見するという事に尽きる」
亀井勝一郎(文芸評論家)


「読書を廃す、これ自殺なり」
国木田独歩(小説家)


「読書をしない人には未来はない。思考能力は、読書によって鍛えられるんです。読書する人としない人には、思考能力に決定的な差がつきます」
齋藤孝(明治大学文学部教授)


「読書は生きた教科書。読書から経営観、人生観を学ぶ」
船井哲良(船井電機創業者)


「読書が夢を育む」
船井哲良(船井電機創業者)


「すべて良き書物を読むことは、過去の最もすぐれた人々と会話をかわすようなものである」
デカルト(哲学者・数学者)


「よい本を読まない人間は、本を読めない人間と同じだ」
マーク・トゥエイン(作家)


「自分を磨くのは自分次第。読書は私たちを未知の世界へと誘(いざな)う『扉』なのです」
丹羽宇一郎(伊藤忠元社長)


「読書して考えないのは、食事をして消化しないのと同じである」
エドマンド・バーク(哲学者・政治家)


「もっとも高度な文明においても、読書はやはり最大の喜びである。一度その満足を知った者は、不幸の中でもその満足を得る」
エマーソン(思想家、哲学者)


「読書の時間を大切にしなさい。一冊の本との出会いがあなたの生き方を変えてくれることだってあります」
ジョセフ・マーフィー(著述家)


「社会経験は生きた経験として皮膚感覚を通じて人間を豊かに育む。しかし、一人の人間が経験できることは限られており、その意味で経験は万能ではない。そこで、重要なのが読書である。特に古典と歴史に政治家は深く通じていなければならない。人間の営みを、洋の東西を問わず、時代をさかのぼって追体験することができるのは、読書をおいてほかにないのである」
舛添要一(国際政治学者・政治家)


「書物を読むということは、他人が辛苦してなしとげたことを、容易に自分に取り入れて自己改善をする最良の方法である」
ソクラテス(哲学者)


「他人の自我にたえず耳を貸さねばならぬこと――それこそまさに読書ということなのだ」
ニーチェ(哲学者)


「人間はうまくできていて、人の体験なのか、自分の体験なのか、情報として手に入れると混ざっていってしまう傾向があります。結果、人の体験でも、読書により自分が体験したような意識になるので、そこからアイディアも出てくるし、自分から動けるようになります。人に体験を聞く、ということももちろん有効ですが、その方法だけではアクセスできる人間の範囲に限りがあります。ところが本は、読むだけで、いろいろな人にアクセスできるのです」
勝間和代(著述家、経済評論家)


「読書をせよ、というと『本を読むには時間がかかる』という人もいますが、それは本の読み方が間違っているからです。ほとんどの本の場合、本当に重要なことが書かれているのは全体の5%程度です。ですからそこを探すつもりで読めば、内容を理解するのにそれほどの時間はかからないはずです」
野口悠紀雄(経済学者・元大蔵官僚)


「読書は体にとっての運動と同様の効果を精神にもたらす」
アディソン(英国のエッセイスト)


「人が本を読むのは、自分の知らない精神世界を覗きたいがためである。本を読むことによって未知の精神の視野が開ける。読者の知的な背丈よりも多少高い作品を読むと、そのギャップの間に葛藤が生じる。その葛藤を克服したとき、読者の知的背丈が伸びる。これが最も大きな読書の効用である」
森村誠一(小説家)


「真の読書法とは何か。答えは簡単である。気分が向けば、書を手にとってこれを読む。ただそれだけのこと。読書を心から楽しむには、どこまでも気の向くままでなければならない」
林語堂(中国の文学者)


「万巻の書を読み千里の道をゆく」
富岡鉄斎(文人画家)


「読書で生涯をすごし、さまざまな本から知恵をくみとった人は、旅行案内書をいく冊も読んで、ある土地に精通した人のようなものである」
ショーペンハウエル(ドイツ哲学者)


「学生の間に2トンの本を読もう」
猪口孝(政治学者)


「私は、時間がなくて本も読めません、という弁解を、絶対に信じない」
塩野七生(作家)


「学歴コンプレックスがあったので、多くの書物をむさぼるように読み、経営の問題解決を行ってきた」
鳥羽博道(ドトールコーヒー創業者)


「良書をはじめて読むときには、新しい友を得たようである。前に精読した書物を読みなおすときには、旧友に会うのと似ている」
オリバー・ゴールドスミス(詩人)


「書物は、それが書かれたときとおなじように思慮深く、また注意深く読まれなければならない」
ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(詩人)


「本から教えてもらったことは、仕事に限らずとても多く、私にとって本は人生最高の知恵の師。これほど宝の詰まったものはないと感謝しています」
経沢香保子(トレンダーズ株式会社創業者)


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1aHDj6W
人物別名言格言集 http://bit.ly/1j4tg4M
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

Author:FC2USER805661PFS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR