発見語録

発見についての語録18件



「偉大な発見や改革には常に多くの人の知性による協力が不可欠である」
グラハム・ベル(科学者)


「偉大な発見は、いきなり完全な姿で科学者の頭脳から現れるわけではない。膨大な研究の積み重ねから生まれる果実なのだ」
キュリー夫人(化学者)


「真理の大海は、すべてのものが未発見のまま、私の前に横たわっている」
ニュートン(近代物理学の祖)


「発明発見とか、創意工夫の世界は、あくまでも広大無辺で、今まで人間の踏み込んだ地域は九牛(きゅうぎゅう)の一毛(いちもう)にも達していない。その大きな未開の秘庫は『早く扉を開けてくれ』と、中からいつもわれわれに呼びかけている。しかもその扉を開く鍵は、いつも、どこにも、誰の足下にも転がっておるのである」
豊田佐吉(トヨタ王国創業者)


「間違いを犯さなかったものは決して何かを発見したことはない」
スマイリー・ブラントン(米国の精神科医)


「失敗からは必ず新たな発見がある。最近は、失敗するのが楽しみになってきました」
田中耕一(ノーベル化学賞受賞者)


「同じものを見ても、何も発見しないまま、日々に流され時を重ねてしまう人がいる。そして、同じものを見ても、発見できる人がいる。その違いを分けるものは、やはり『真剣さ』である。高い志を持って真剣に生きる者だけに見えるもの、そのようなものが確かにある」
船井哲良(船井電機創業者)


「困るということは、次の新しい世界を発見する扉である」
エジソン(発明王)


「発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目を持つことなのだ」
マルセル・プルースト(フランスの作家)


「新しい展開は、難しいことを勉強して出るものではないんです。非常に初歩的なところで捕まえた疑問点というのが、大発見なんです」
西澤潤一(ミスター半導体)


「発見とは、誰もが見たことのあることを、じっくり見据えた上で 誰一人として考えたことのないことを、考えてみることである」
アルベルト(生理学者、ビタミンCの発見者)


「発見とは準備された心と出会う偶然の事故であると言われている」
アルベルト(生理学者、ビタミンCの発見者)


「人間は皆、発見の航海の途上にある探求者である」
エマーソン(思想家)


「雑草とは何か?その美点がまだ発見されていない植物である」
エマーソン(思想家)


「新しい真理の発見のときは、つねに少数派である。それが正しければ多数派になる」
湯川秀樹(理論物理学者)


「原因を探求し続ける力が、人を発見者にする」
チャールズ・ダーウィン(生物学者)


「賢者は真実を発見して喜び、凡人は間違いを発見して喜ぶ」
ジョセフ・マーフィー(著述家)


「過去の常識にとらわれず、いま一度見直してみよう。そこから、新しい発見が生まれ、新しい活動も展開される」
松下幸之助(パナソニック創業者)


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1aHDj6W
テーマ別名言格言 http://bit.ly/1j4tg4M
スポンサーサイト

発明語録

発明についての語録17件



「懐疑は発明の父である」
ガリレオ(天文学者)


「必要こそが発明の母であり、困難こそが偉大な成果を生むための、真の学校である」
スマイルズ(19世紀イギリスの作家)


「必要が発明の母だとは思わない。私に言わせれば、発明は怠惰から生まれるもの。…少しでも楽をしようとすることで」
アガサ・クリスティ(ミステリーの女王)


「発明家の多くが貧乏なのは、世の中のニーズというものを考えてないからです。どんなに画期的な良いものでも、人が求めていないものは商品としての価値がないのです。会社の経営も発明も、その点では全く同じで、ニーズに敏感でないとやってはいけない」
能村竜太郎(太陽工業創業者)


「発明とは、それが人類にとって本当に必要なものなのかを判断する能力である」
エジソン(発明王)


「発明するためには、豊な想像力とゴミの山が必要だ」
エジソン(発明王)


「ないものは作ればいい。金に困ったら発明すればいい」
円谷英二(特撮監督)


「日本人は真似が上手だが発明力はないと云う。併(しか)しそんな馬鹿な事はない。真似する力があるものなら、発明する力もなければならぬ」
益田孝(三井物産初代社長)


「人間はあらゆるものを発明することができる。ただし、幸福になる術をのぞいては」
ナポレオン・ボナパルト


「発明はタネ。まずタネを探すこと。それ以上にその発明を育て上げることが大切だ」
井深大(ソニー創業者)


「発明は恋愛と同じです。苦しいと思えば苦しい。楽しいと思えばこれほど楽しいことはありません」
本田宗一郎(ホンダ創業者)


「発明考案にしても、人より一分でも一秒でも早ければ、特許になる。すべてスピードじゃないですか。だから、スピードを否定したら、発明的創意工夫もないし、そこにウィットもないはずです」
本田宗一郎(ホンダ創業者)


「必要は発明の母」
スウィフト(英国の作家)


「発明はひらめきから。ひらめきは執念から。執念なきものに発明はない」
安藤百福(日清食品創業者)


「発明したと思っても、世界では同じことを考えている人が3人いる」
安藤百福(日清食品創業者)


「発明や発見には立派な設備や資金はいらない」
安藤百福(日清食品創業者)


「999回失敗しても、1回うまくいけばいい。それが発明家だ。失敗は、うまくいくための練習だと考えている」
チャールズ・ケタリング(米国の技術者)


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1aHDj6W
テーマ別名言格言 http://bit.ly/1j4tg4M

書籍語録

書籍についての語録11件



「第一級の書籍は、不滅の生命を持つ」
ジョン・ミルトン(詩人)


「本は僕にとって友達です」
松岡修造(テニス選手)


「書物とは、偉大な天才が人類に残す遺産である。書物は世代から世代へと受け継がれ、現在からまだ生まれぬ未来のものたちへと伝わる」
アディソン(英国のエッセイスト)


「人は一冊の本を作るために図書館半分をひっくり返す」
サミュエル・ジョンソン(文学者)


「どの本が一番感動するかは人それぞれですが、たまたま出会った本や、そこに書いてあるワンフレーズが人生を変えることがあります。そんな出会いがあるからこそ、本は読み続ける価値があるのです」
石村賢一(Eストアー創業者)


「わたしは、本は自分の知識の限界があり、経験の限界があるのを非常に無限に広げてくれる世界を提供してくれるものだと思っておりますし、自分の知らない面を教えてくれるものだと思っております」
平岩外四(東京電力元社長)


「書物というのはポケットに入れて持ち歩ける庭のようなものである」
アラビアの古い格言


「書物なき部屋は、魂なき肉体の如し」
キケロ(古代ローマの政治家)


「書籍を繙けば、幾千年も過ぎた昔の人の意見を聞くことも、幾千里も隔てた遠い国の事物を見ることも、意のままに出来る。王候といはず、将相といはず、聖賢といはず、哲人といはず、我より求れば、直ちに来て我が問う所に答える。アレキサンダーでも、ジンギスカンでも、ハンニバルでも、ナポレオンでも・・・」
三土忠造(政治家)


「洋の東西を問わず、歴史の風雪に耐えて、然も依然強い光彩と生命力を放つ少数の書籍を、自分の実生活の伴侶として、よく読み、よく消化し、よく実践するという生き方をとらない限り、われわれの精神の渇きはいやすべくもない」
大平正芳(第68・69代内閣総理大臣)


「この世は一冊の美しい書物である。しかしそれを読めない人間にとっては何の役にも立たない」
ミハイル・ゴルバチョフ(政治家)


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1aHDj6W
人物別名言格言集 http://bit.ly/1j4tg4M

ユーモア語録

ユーモアの語録11件



「ユーモアのない一日は、きわめて寂しい一日である」
島崎藤村(作家)


「惨めな自分を笑い飛ばすユーモアは先人の知恵。どんなに辛いときでも明るく生きる高等技術」
美輪明宏(歌手)


「もし、私にユーモアがなければ、これほど長く苦しい戦いには耐えられなかったでしょう」
ガンジー(インド独立の父)


「唯一の救いは、ユーモアのセンスだけだ。これは、呼吸を続ける限りはなくさないようにしよう」
アインシュタイン(科学者)


「『ユーモアのセンスがない』という言葉は、耐えられない侮辱だ」
シンクレア・ルイス(米国の小説家)


「一流の人物というのは、ユーモアのセンスを必ず持つ」
獅子文六(小説家)


「ユーモアのセンスというのは洗練された繊細な性質のものである。それゆえユーモアのセンスは本性から高貴な心性のうちにか、あるいはよい範例か優れた教育によって陶冶されてきた心性のうちにのみ見いだされる」
アディソン(英国のエッセイスト)


「つらい状況も笑いを通して方向転換させることができる。何事にでも、貧しさにすら、ユーモアを見つけられたら、それを乗り越えることができる」
ビル・コスビー(米国のコメディアン)


「ユーモアのセンスを持っていると、人間性の矛盾を楽しむようになる」
モーム(英国の小説家)


「ユーモアの重要性を忘れてはならない。ユーモアのセンスは我々の文化生活の内容と性質を変える。現代人は、あまりにも生活を深刻に考えすぎる」
林語堂(中国の文学者)


「ユーモアと言うものは機知や滑稽と同じく何かしら我々の心を開放するものを持つのみならず、何かしら魂を抑揚させるようなものを持っている」
フロイト(精神科医)


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1aHDj6W
人物別名言格言集 http://bit.ly/1j4tg4M

読書語録

読書についての語録31件



「読書に目的を持つな」
成毛眞(実業家)


「自分の価値は読書量で決まる」
成毛眞(実業家)


「インドの全財宝をあげても、読書の楽しみには換え難い」
エドワード・ギボン(歴史家)


「私が人生を知ったのは、人と接したからではなく、本と接したからである」
アナトール・フランス(詩人・小説家)


「読書の目的は、要するに自分の原点を発見するという事に尽きる」
亀井勝一郎(文芸評論家)


「読書を廃す、これ自殺なり」
国木田独歩(小説家)


「読書をしない人には未来はない。思考能力は、読書によって鍛えられるんです。読書する人としない人には、思考能力に決定的な差がつきます」
齋藤孝(明治大学文学部教授)


「読書は生きた教科書。読書から経営観、人生観を学ぶ」
船井哲良(船井電機創業者)


「読書が夢を育む」
船井哲良(船井電機創業者)


「すべて良き書物を読むことは、過去の最もすぐれた人々と会話をかわすようなものである」
デカルト(哲学者・数学者)


「よい本を読まない人間は、本を読めない人間と同じだ」
マーク・トゥエイン(作家)


「自分を磨くのは自分次第。読書は私たちを未知の世界へと誘(いざな)う『扉』なのです」
丹羽宇一郎(伊藤忠元社長)


「読書して考えないのは、食事をして消化しないのと同じである」
エドマンド・バーク(哲学者・政治家)


「もっとも高度な文明においても、読書はやはり最大の喜びである。一度その満足を知った者は、不幸の中でもその満足を得る」
エマーソン(思想家、哲学者)


「読書の時間を大切にしなさい。一冊の本との出会いがあなたの生き方を変えてくれることだってあります」
ジョセフ・マーフィー(著述家)


「社会経験は生きた経験として皮膚感覚を通じて人間を豊かに育む。しかし、一人の人間が経験できることは限られており、その意味で経験は万能ではない。そこで、重要なのが読書である。特に古典と歴史に政治家は深く通じていなければならない。人間の営みを、洋の東西を問わず、時代をさかのぼって追体験することができるのは、読書をおいてほかにないのである」
舛添要一(国際政治学者・政治家)


「書物を読むということは、他人が辛苦してなしとげたことを、容易に自分に取り入れて自己改善をする最良の方法である」
ソクラテス(哲学者)


「他人の自我にたえず耳を貸さねばならぬこと――それこそまさに読書ということなのだ」
ニーチェ(哲学者)


「人間はうまくできていて、人の体験なのか、自分の体験なのか、情報として手に入れると混ざっていってしまう傾向があります。結果、人の体験でも、読書により自分が体験したような意識になるので、そこからアイディアも出てくるし、自分から動けるようになります。人に体験を聞く、ということももちろん有効ですが、その方法だけではアクセスできる人間の範囲に限りがあります。ところが本は、読むだけで、いろいろな人にアクセスできるのです」
勝間和代(著述家、経済評論家)


「読書をせよ、というと『本を読むには時間がかかる』という人もいますが、それは本の読み方が間違っているからです。ほとんどの本の場合、本当に重要なことが書かれているのは全体の5%程度です。ですからそこを探すつもりで読めば、内容を理解するのにそれほどの時間はかからないはずです」
野口悠紀雄(経済学者・元大蔵官僚)


「読書は体にとっての運動と同様の効果を精神にもたらす」
アディソン(英国のエッセイスト)


「人が本を読むのは、自分の知らない精神世界を覗きたいがためである。本を読むことによって未知の精神の視野が開ける。読者の知的な背丈よりも多少高い作品を読むと、そのギャップの間に葛藤が生じる。その葛藤を克服したとき、読者の知的背丈が伸びる。これが最も大きな読書の効用である」
森村誠一(小説家)


「真の読書法とは何か。答えは簡単である。気分が向けば、書を手にとってこれを読む。ただそれだけのこと。読書を心から楽しむには、どこまでも気の向くままでなければならない」
林語堂(中国の文学者)


「万巻の書を読み千里の道をゆく」
富岡鉄斎(文人画家)


「読書で生涯をすごし、さまざまな本から知恵をくみとった人は、旅行案内書をいく冊も読んで、ある土地に精通した人のようなものである」
ショーペンハウエル(ドイツ哲学者)


「学生の間に2トンの本を読もう」
猪口孝(政治学者)


「私は、時間がなくて本も読めません、という弁解を、絶対に信じない」
塩野七生(作家)


「学歴コンプレックスがあったので、多くの書物をむさぼるように読み、経営の問題解決を行ってきた」
鳥羽博道(ドトールコーヒー創業者)


「良書をはじめて読むときには、新しい友を得たようである。前に精読した書物を読みなおすときには、旧友に会うのと似ている」
オリバー・ゴールドスミス(詩人)


「書物は、それが書かれたときとおなじように思慮深く、また注意深く読まれなければならない」
ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(詩人)


「本から教えてもらったことは、仕事に限らずとても多く、私にとって本は人生最高の知恵の師。これほど宝の詰まったものはないと感謝しています」
経沢香保子(トレンダーズ株式会社創業者)


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1aHDj6W
人物別名言格言集 http://bit.ly/1j4tg4M

文章語録

文章についての語録10件



「文章は少し下手な方が良い。粋な奴がわざと着物を崩して着るように」
レイモン・ラディゲ(フランスの小説家)


「いい文章が書けるようになりたければ、できるだけいい文章をできるだけたくさん読むことである。それ以外に王道はない」
立花隆(ジャーナリスト)


「文章というものは、たくさん読んで、たくさん考えて、たくさん書かなければ上手くはならない。そして、それを直されるのを嫌がるような我を張っていては決して上達はしないものである」
野間清治(講談社創業者)


「文章作法は名文の模倣から始まる。文章と共に構成や、作者の志や姿勢、思想、テーマの選び方などを学ぶ」
森村誠一(小説家)


「文章が上手い人じゃなくて、人生が小説のようになってる人が小説家。みんな人生で書いてるんです。何かがあって、その軌跡の上を滑っていくわけ。漫画家もそう」
やなせたかし(漫画家)


「文章を書くときは、頭脳で書いても心で書いても、作家の心の状態が必ず、読者に伝わってしまうものだ」
アンドリュー・カーネギー(鉄鋼王)


「文章に実用的と芸術的との区別なし」
谷崎潤一郎(小説家)


「一番大事なことは、自分にしか書けないことを、誰にでもわかる文章で書くということ」
井上ひさし(小説家)


「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね」
村上春樹(小説家)


「偉大な作家など、おいそれといるものではない。いるのはただ推敲に長けた文章家ばかりである。よく言われる通り、文章の90パーセントまでは推敲にかかっている」
出典:『プロになるための文章術 なぜ没なのか』ノア・リュークマン著


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1aHDj6W
人物別名言格言集 http://bit.ly/1j4tg4M

希望語録

希望についての語録14件



「不幸をいやす薬、それはただもう希望以外にはありません」
シェークスピア(英国文豪)


「絶望のとなりに誰かがそっと腰かけた。絶望はとなりの人に聞いた。『あなたはいったい誰ですか?』となりの人は微笑んだ。『私の名前は希望です』
やなせたかし(漫画家)


「絶望の隣は希望です!」
やなせたかし(漫画家)


「人生というものは、たとえいかなる逆境・非運に遭遇しても、希望さえ失わなければまったく消えてしまうものではない」
市村清(リコー創業者)


「希望が人間をつくる。大いなる希望を持て」
テニスン(英国の詩人)


「希望は人を成功に導く信仰である。 希望がなければ何事も成就するものではない」
ヘレン・ケラー(教育者)


「この世を動かす力は希望である。やがて成長して果実が得られるという希望がなければ、農夫は畑に種をまかない」
マルティン・ルター(宗教改革者)


「太陽が輝くかぎり、希望もまた輝く」
シラー(ドイツの詩人・劇作家)


「希望は、それを求める気の毒な人を決して見捨てはしない」
ジョン・フレッチャー(英国の劇作家


「自己満足しない人間の多くは、永遠に前進し、永遠に希望を持つ」
魯迅(中国の思想家)


「希望に満ちて旅行することは、目的地にたどり着くことより良いことである」
スティーヴンソン(英国の小説家


「不運ばんざい!運の女神に見放され、この世の最低の境遇に落ちたなら、あともう残るのは希望だけ、不安の種も何もない!」
シェークスピア(英国文豪)


「たとえ、いかなる逆境、悲運にあおうとも、希望だけは失ってはならぬ。『朝の来ない夜はない』のだから」
吉川英治(小説家)


「行動は希望とは引き離せないものだ。希望はまさに人間にしかないものらしい。そこで、個人においては、希望の終わりは死の始まりと思いたまえ」
シャルル・ド・ゴール(フランスの元大統領、軍人)


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1aHDj6W
人物別名言格言集 http://bit.ly/1j4tg4M

結婚語録

結婚についての名言・格言・語録23件



「結婚はゴールではない!スタート!しかも途中から障害物競争に変わる」
明石家さんま(お笑いタレント)


「人間は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する」
アルマン・サラクル(フランスの劇作家)


「結婚生活でいちばん大事なのは忍耐である」
チェーホフ(ロシアを代表する劇作家)


「結婚生活━━この激しい海原を乗り越えていく羅針盤はまだ発見されていない」
イプセン(ノルウェーの劇作家)


「結婚は雪景色のようなものである。 はじめはきれいだが、やがて雪解けしてぬかるみができる」
山本有三(小説家)


「馬鹿な者は、独身の間は結婚した時のよろこびを空想し、結婚すると独身時のよろこびを空想する」
武者小路実篤(小説家)


「結婚はしてもしなくても後悔するものである」
フランツ・カフカ(作家)


「結婚生活とはいわば冷蔵庫のようなものである。冷蔵庫に入っている限られた素材で、いかにおいしいご馳走を作り出すか、それに似ている。決して、他人の冷蔵庫を羨ましがらないことだ」
柴門ふみ(漫画家)


「結婚へは歩け。離婚へは走れ」
ユダヤのことわざ


「恋は結婚の夜明け。結婚は恋の夕暮れ」
フランスのことわざ


「結婚とは慌ただしくて、ゆっくりと後悔するものである」
イギリスのことわざ


「女は結婚前に泣くが、男は結婚後に泣く」
ポーランドのことわざ


「初婚は天によって結ばれる。再婚は人間によって結ばれる」
東欧ユダヤ社会の格言


「正しい結婚の基礎は相互の誤解にある」
オスカー・ワイルド(イギリスの詩人、作家)


「私の業績の中で最も輝かしいことは、妻を説得して私との結婚に同意させたことである」
ウィンストン・チャーチル(英国の政治家、元首相)


「幸福な結婚というのは、 いつでも離婚できる状態でありながら、 離婚したくない状態である」
大庭みな子(小説家)


「女房に愛される技術というものは発明されないものだろうか」
ラ・ブリュイエール(フランスのモラリスト、箴言作家)


「結婚前には両目を大きく開いて見よ。結婚してからは片目を閉じよ」
トーマス・フラー(イギリスの神学者)


「結婚したほうがいいのか、それともしないほうがいいのかと問われるならば、わたしはどちらにしても後悔するだろうと答える」
ソクラテス(哲学者)


「若くて妻帯、我が身の災難」
シェークスピア(イギリスの劇作家)


「結婚してからの一日一日は、相手の欠点を一つ一つ発見していく一日である」
なだいなだ(作家・精神科医)


「結婚するとき、私は女房を食べてしまいたいほど可愛いと思った。今考えると、あのとき食べておけばよかった」
アーサー・ゴッドフリー(俳優)


「結婚とは富士山である。富士山は、外から見ているとすごくきれいだけど、登ろうとすると樹海があって迷ったり、落石があったり、風がすごかったりする」
大澄賢也(タレント、ダンサー)


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1aHDj6W
人物別名言格言集 http://bit.ly/1j4tg4M

家族・家系図・子供・子孫・略歴・経歴(プロフィール)

プロフェッショナル語録

プロフェッショナルの語録16件



「派手に見えれば見えるほど、裏で地味な努力をしているのがあらゆる世界のプロだ」
アントニオ猪木


「本物のプロフェッショナルなら、観客が減ったのを知っただけで立ち直らねばという気をおこすものだ」
サミー・デイヴィスJr.(米国の歌手・俳優)


「プロの仕事とは、何があっても言い訳をしないこと」
秋元康(放送作家)


「本当のプロフェッショナルは、その分野のことしか分からない人のことではなくて、その仕事を通じてトータルに人間を感じさせる人のこと」
加藤登紀子(歌手)


「限界を自分で判定するのはアマチュアのレベルだ。プロはそれを乗り越える気持ちを持つことが必要である」
原辰徳(巨人軍監督)


「どんな仕事にしろ、プロの道は険しい。一人前に食べていけるプロだと、自信を持って言える人間になるには、道楽や片手間にやる程度ではダメなのだ」
手塚治虫(漫画家)


「プロの作家とは、書くことをやめなかったアマチュアのことだ」
リチャード・バック(小説家・飛行機乗り)


「好きなことをやるために金を出すのを趣味という。好きなことをやってお金をもらうのをプロという。だからこそプロは、ほかの人よりも抜きんでていなければならない。でも、その仕事が好きでないと、抜きんでることは難しいと僕は思うわけです」
田原総一朗(ジャーナリスト)


「もしプロという言葉があるとしたら、それは技術ではなく、自己犠牲を伴う努力なり研鑽を己の生き甲斐にできるかという、その一点にかかっているんじゃないですか」
五木寛之(作家)


「どんな状況でも、自分のパフォーマンスをしなくちゃいけません。どんな状況でも、一定のラインをクリアするのがプロですから」
イチロー(野球選手)


「プロサラリーマンを生みだすものは衝動的な気まぐれではなくて、持続的な努力である」
扇谷正造(評論家)


「その道のプロとは、その日の体調が優れなくとも、どんな状態でも、普通のアマチュア以上の成績や成果を、出せる人のことを言います」
船井幸雄(船井総研創業者)


「自分がプロであるという自覚を持ち、そしてその自覚だけではなく、プロであり続ける為の努力をし、結果を求められる仕事に対してきちんと責任を背負っていける、それがプロだというふうに思います」
寺門嘉之(ライフセービング選手)


「どういう分野でも。この事だったらこの人に聞きたいと思わせるような人、それが知識であれ、理論であれ、技術であれ。そういうピースを持っている人ですね。それがプロだと思います」
杉山三郎(考古学者)


「高いモチベーションを持つことと、それを維持することですね。プロフェッショナルとは、維持する情熱です」
岸田周三(フレンチシェフ)


「天才と呼ばれる人たちを調べてみると、ピアノでも将棋でも、それに費やしている時間が、最低でも1万時間はあるんです。1日3時間として10年間。5歳から何かをやったとして、15歳までそれを続けて、それである種のプロフェッショナルになる。つまり、環境が運命を決めているんです」
福岡伸一(生物学者)


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1aHDj6W
人物別名言格言集 http://bit.ly/1j4tg4M

アイデア語録

アイデアの語録32件



「常にこだわり、課題を持ち続け、とことん考え抜く。そうすることによって初めて独自のアイデア、戦略が生まれてくる」
鳥羽博道(ドトールコーヒー創業者)


「アイデアの秘訣は、執念である」
湯川 秀樹(理論物理学者)


「アイデアは、人間の熱意、熱心に対する神の報奨である」
松下幸之助(パナソニック創業者)


「すべての人がアイデアを生み出す力をもっていることは確かだ。しかしその力は才能と同様、訓練しないと伸びない」 クロフォード(アメリカの作家)


「情報をたくさん持っていれば、アイデアなんてそれこそ山のように浮かぶわけで、なにも思いつかないというのは、手持ちの情報量が少ないからなんです」
堀江貴文(ホリエモン)


「たいていの人たちは、それ以上アイデアをひねり出すのは不可能という段階にくると、そこでやる気をなくしてしまう。いよいよこれからなのに」
エジソン(発明王)


「アイデアは、熱心に働いているときに限って現れる」
ウェルギリウス(古代ローマの詩人)


「一般に思いつきというものは、人が精出して仕事をしているときにかぎって現れる」
マックス・ヴェーバー(社会学者)


「何かを作る時は、世界中を埋め尽くす何十億もの汚れたアイデアから解放されなければいけない。私は常にそうしてきた。知性のあるものの仕事とは、果てしない否定だよ」
エンツォ・マーリ(デザインの巨匠)


「いい考えは明るさから生まれる」
斎藤一人(銀座まるかん創業者)


「最も使えるアイデアは脱線したり行き先が見えない会議から生まれるもの」
ジェフ・ベゾス(アマゾンドットコム創業者)


「遊び半分で仕事をしているなんていうと、社員が怒るかもしれないが、遊び心でやると非常に能率が上がる。精神的に余裕があるし、好きで夢中になってやるから、いいアイデアも湧いてくる」
能村竜太郎(太陽工業創業者)


「すべての成功すべての巨富はアイディアから生まれる」
ナポレオン・ヒル(成功哲学の祖)


「既存のアイディアを組み合わせることで、それまでになかったものが生まれる」
ナポレオン・ヒル(成功哲学の祖)


「技術の前には上司も部下もない 俺にアイディアをぶつけろ」
百瀬晋六(日本の自動車技術者)


「自分が出したアイデアを、少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想とはいえない」
ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)


「朝から晩まで、しかめっ面して張り切っている経営者に、よいアイデアなど生まれない。かえって心や生活に余裕をもっている経営者の方が、素晴らしい着想を得ることが出来る」
有田一寿(経営者・政治家・教育家)


「無駄話にこそアイデアやひらめきが隠れている」
堀場雅夫(堀場製作所創業者)


「いいアイデアを得る最上の方法はたくさんのアイデアを持つことだ」
ライナス・ポーリング(米国の物理化学者)


「できるだけ多くのアイデアを持っていなければ、本当によいアイデアは生まれない」
ライナス・ポーリング(米国の物理化学者)


「この世界で最も困難なことは、人々に新しいアイデアを受け入れてもらうことではない。古いアイデアを忘れさせることだ」
トム・ピーターズ(アメリカの経営コンサルタント)


「数日のために植えるなら花を植えよ、数年のために植えるなら木を植えよ、永遠のために植えるならアイデアを植えよ」
オグ・マンディーノ(アメリカの自己啓発書作家)


「アイデアは最も偉大な世界の戦士である。そして、アイデアのない戦争は残酷なだけである」
ガーフィールド(アメリカ第20代大統領)


「仕事のできる人は、その場で全力でアイデアを絞ります。ここでやろう、すぐやろうという発想がある。その気迫がアイデアを生むんです」
齋藤孝(明治大学教授)


「高い付加価値を提供しなくてはモノやサービスが売れない時代には、思いきりライフの時間を持っている人のほうが、アイデアに満ち溢れて高い成果を短時間であげている」
小室淑恵(経営者)


「不平を持ち、不平を克服するところにアイデアが生まれる」
小川栄一(藤田観光創業者)


「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」
ジェームス・ウェブ・ヤング(コピーライター)


「言葉はアイデアのシンボルなので、言葉を集めることによってアイデアを集めることもできる」
ジェームス・ウェブ・ヤング(コピーライター)


「私自身について言うなら、よいアイデアの生まれるのは儲からなくて、何とかしようと苦しんでいるときである。だから私は、儲かることをあまり喜んでいない」
早川徳次(シャープ創業者)


「考えるより当たれ。体当たりによって生きたアイデアが生まれる」
土光敏夫(経団連第4代会長)


「優れたアイデアは苦しみの後のリラックスから生まれる」
神田昌典(経営コンサルタント)


「すぐれたジョークは、すぐれたアイデアに通じる」
本田宗一郎(ホンダ創業者)


関連サイト
トップページ http://bit.ly/1aHDj6W
検索フォーム
プロフィール

FC2USER805661PFS

Author:FC2USER805661PFS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR